未病改善プロジェクト!あなたも未病状態?

未病ってなに?「未だ病にならず」?ってことは・・・。
医者には病気とは言われないけれど、肩こり・冷え性などなど。放っておいたら大変なことになりますよー。身体も長年使っていればメンテナンスも必要ですね。
内から外から未病を改善して、心地よい暮らしをするための情報&健康グッズを紹介します
 

2007年03月26日

女性ホルモンは健康維持ホルモン

ちょっと前から注目されているメタボリックシンドローム
ぽっこりおなか、気になりますよね。
生活習慣病のもっとも大きな原因です。
内臓脂肪の蓄積が様々な病気の引き金となるわけですね。

ところが、中年に差しかかったころ、
同年代の男性に比べて
乳酸値やコレステロール値が気になって・・・
という女性はそれほど多くありません。
これには女性ホルモンが深く関わっています。

代表的な女性ホルモンのエストロゲンは
内臓脂肪の蓄積を抑制するといわれています。
また、血中の悪玉であるコレステロールを減らし
善玉コレステロールを増やしたり、
血管を拡げて高血圧を防ぐといった効果もあります。

また、神経細胞を保護し、細胞死を防ぐ働きまであるといいます。

女性ホルモン様様ですね。

でもそんな女性ホルモンに守られてきた体も
閉経といった「女性ホルモンの加護」がなくなった時が要注意です。
不摂生な生活を続けていると、一気に骨粗しょう症や
糖尿病、心血管病、認知症などの発症も・・・。

やっぱり規則正しい生活、
暴飲暴食は慎む、などの日々の心がけが大切です。

★メタボリックシンドロームの診断方法は、
内臓脂肪をへその部位でCTにより測定し、
断面積が100cu以上であることが前提です。
その簡易法として、胸囲が
男性で85p以上、女性で90p以上
がほぼ内臓脂肪100cu以上に相当するといわれています。
加えて血圧、血中脂質、血糖値のうち2項目以上が高い場合
メタボリックシンドロームと認定され、
1項目が高い場合その予備軍と考えられます。



健康維持に基礎体温測定

基礎体温5分間クイックガイド
posted by リッキーママ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(5) | 女性ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

子宮腺筋症による不妊
Excerpt: 子宮腺筋症は子宮内膜症の一種で、本来は子宮の内側にしかないはずの子宮内膜組織が、なんらかの原因で子宮の筋層内で発生する病気です。 子宮筋層内に発生した内膜組織は、排卵期には増殖して生理の時には剥離しま..
Weblog: 妊娠したい ! 情報館
Tracked: 2007-03-30 01:14

ハーブで不妊ストレスを解消
Excerpt: 不妊に効果があるハーブとは? 昔から、ハーブは健康維持のために食生活の中に取り入れられてきました。ハーブには多くの種類がありますが、なかには不妊に効果があるとされたいるハーブもあります。妊娠したいと..
Weblog: 妊娠したい ! 情報館
Tracked: 2007-03-30 01:16

更年期なんて、つらくない!更年期改善情報
Excerpt: 本人にしかわからない更年期の辛さを、少しでも改善できたら!と思い、このブログをつくりました。 自然界のもの
Weblog: 更年期なんて、つらくない!更年期障害を解決!
Tracked: 2007-03-30 16:53

薄毛と加齢
Excerpt: 薄毛と加齢には髪の毛を作る所の老化以外にも関係があります。薄毛は加齢と共にやってくる。しかし、女性はハゲない
Weblog: 薄毛と加齢:ヘアスタイルのことならヘアスタイル情報局
Tracked: 2007-04-07 23:42

薄毛とホルモン
Excerpt: 薄毛とホルモンは深い関係があります。簡単に言うとホルモンには女性ホルモンと男性ホルモンがあります。眉毛から下
Weblog: 薄毛とホルモン:ヘアスタイルのことならヘアスタイル情報局
Tracked: 2007-04-07 23:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。